公成建設株式会社は、建設業を通じて、豊かな国土づくりに邁進し、広く社会に貢献します。

まちづくりチョビット推進室
TOP > 2016 > 7月

月別アーカイブ 2016年7月

第121回 ・新しい役割を探して… ~建築researcherの立場から~

ラジオを開く

まちづくり“チョビット”推進室<平成28年7月16日放送>

まちづくり“チョビット”推進室で、何度もインタビューしている「京都移住計画」と連携している「RAD」の榊原充大氏にお話を伺いました。
設計図になる前の地域コミュニティに内在する困り事や、誰に相談すれば良いのかわからない課題を拾い集め、解決に導いてゆく地道な行動が、建築という専門領域を超えて進み始めているようです。

榊: 榊原充大氏(RAD)
絹: 絹川雅則(公成建設株式会社)
************************************************************************
まちづくりチョビット推進室!
Give me thirty minutes,I will show you the frontline of “まちづくり” and “まちづくり” people in KYOTO.
************************************************************************
絹: 皆様こんにちは。まちづくりチョビット推進室の時間がやってまいりました。
この番組は地元京都の建設屋の目から見た京都の元気なまちづくりびとの紹介や、その活動の最前線をご紹介しております。いつものように番組のお相手は当まちづくりチョビット推進室絹川がお送りいたします。
さて、本日ゲストですが、私からしたら非常にお若い方です。「RAD」を率いておられるお二人のうちの二人目、榊原充大さんです。
榊: 榊原です。よろしくお願いします。
絹: はい、よろしくお願いします。榊原さんとはまだ本当に何度かしか会ったことがないのですが、先日私の会社にインタビューに来てくださって、お会いしました。
で、よくわからんけど、なぜか興味があるというか、惹かれるというか、何か匂うぞ(笑)、みたいな感じで、ゲストにお呼びいたしました。
快く引き受けてくださって、ありがとうございます。
榊: とんでもない、ありがとうございます。
絹: 「RAD」の「R」はリサーチの「R」、「RAD」の「A」はアーキテクチャー、「D」はなんでしたっけ?
榊: 「D」はドメインです。場所だとか、住所だとかですね。
絹: 「建築の居場所を探る」というキーワードが引っかかりました。「建築に居場所って、当たり前やん」と思うかもしれませんが、どうやら建築の専門家としての新たな社会での居場所を探りたいとの意味があるのかな、と勝手に想像しております。
今日は若き建築家「RAD」の榊原充大さんをゲストに、どんなお話が聞けますか、ご期待ください。
さて、本日のテーマですが、番組タイトルとして、「新しい役割を探して ~建築researcherの立場から~」と題してお送りいたします。さあ、若き建築家集団がどんなことをされているのか、あるいはどんな思いで、京都で、あるいは色んなところで動いていらっしゃるのかを、これからお聞きしていきます。

■第一章 RADって、何をしている人たちなの?
●建築に関わる困りごとを解決したい…
絹: 何をしている人なのかというのが、もう一つよくわからないんですけど、さっき事前の打ち合わせで、建築の専門の勉強をされて、社会に出てきておられる若い建築家であると。建築に関係するけれども、既存の建築家の職務からはみ出てしまうかもしれない、あるいはまち場の人が、建築に関わると思うけれども、何か困っている「どうしたらええのやろう、誰に相談したらええのやろう、わからへん…」というのを、料理したろかという思いがあるんですってね。
榊: そうですね。割と「建築をやっています」とか、「建築家です」というお話をすると、皆さん、どうしても家を建てる人なんだというイメージを強く持たれてしまうところがあります。
一方で建築に関わる仕事や役割というのは、「建物を建てる」というところだけに留まるものではないんじゃないかと思っているところがありまして、まちづくりもその一つの実践の形かなと思っています。一般の人たちにとっての、建築、建築家、あるいは建築士のイメージを、ちょっとずつ変えていけたらと思っています。
「建物を建てる」以外に、こういうこともできるんだということを、自分たちの活動をもって、具体的にお伝えしていければいいなと、考えています。
絹: リスナーの皆さんに、ぜひこれは覚えておいていただきたいです。我々一般人が思っている以上に、建築、あるいは建築家、建築に携わる職能を持つ専門の人たちが活躍できる分野は、実は広いかもしれない。その事に気が付き始めた若き専門家集団が「RAD」かもしれないなと思います。
ですからこの番組が終わる頃に、リスナーの方が「へえ、建築って、広いんだね。ひょっとしたらまち場の困りごとを、色々楽にしてくれたり、こんがらがっている紐をほどいてくれたりするのが、建築に関わる若い人かもしれない」と、思ってもらえるといいですね。
榊: そうですね。
 3

●「RAD」のはじまり
絹: 「RAD」の榊原充大さんたちが、こだわっていらっしゃるリサーチ、「RAD」の「R」のリサーチとは何ぞやというところからお願いいたします。
榊: はい。僕らは建築リサーチ組織という名前で「RAD」というチームを運営していまして、一方で僕自身も建築家/リサーチャーという肩書で、個人で仕事をしています。
「RAD」は、建築に携わるフリーランスのアソシエーションという形態をとっていて、今5人のメンバーで運営しています。一番初めに発起人となったのは、僕ともう一人川勝という人間です。
絹: 川勝真一さん、1983年生まれ、「RAD」のスターターメンバー、チャーターメンバーのおひとりと言うか、川勝さんと榊原さんがチャーターメンバーなんですね。
榊: そうですね。最初に川勝と「RAD」を立ち上げる時(2008年)に、いわゆる「コミュニティデザイン」という言葉が出てきて、これからどんどん家を建てていくというよりも、今ある資産をどういうふうに活用していくべきなのかが問われ始めるようになりました。「建てない建築家」という異名をとった山崎亮さんが一躍有名になってくるような時代でした。
絹: 建てない建築家として異名をはせた山崎亮さん。何冊かご著書を読ませていただいたことがあります。私の友達の中でも、山崎亮さんを大好きな人と、嫌いな人に分かれるんですが、あの事務所(スタジオLさん)に関わっていた知人がおります。

●根底に流れる共通理念
榊: そういった考え方に、一面では非常に賛同しつつ、でも一方ではまだ建築が必要とされる状況というのは必ずあるとも思っていました。むしろ、「こういう時に建築家の人が役に立つんだ」という状況をどんどん見せていくことをしたほうがいいんじゃないかと話をしていて、それがある種の共通理念として「RAD」の動機になり、またメンバー個人個人の仕事の一番根底に流れている部分でもあるなと思うんです。
そういった時に、建築の設計でもなく、あるいは研究でもない、その間みたいな活動と言うか、役割みたいなものが必要になるのではないかと思い、その考えを「リサーチ」という言葉に込めました。「リサーチャー」あるいは「リサーチ」という言葉は単に調べる(人)という意味にもとられますが、「設計」と「研究」の広がりを仕事の舞台にする、という気持ちを込めて名乗っているという感じです。

●地元の空気感や思いをリサーチする
絹: リスナーの皆さん、今のお話、聞かれました?すごく大事なことを、すごくベースのことを語られたと思います。
どうしても我々は、おうちを建てるだとか、建物をつくるだとか、図面をひくだとか、設計をするだとか、美術館を建てるだとか、学校を建てるだとかの建物の図面、それのモデルをつくって、実際に建てられるように設計をして、我々のような施工班に渡すという流れを想像しますけれど、どうも榊原さんたち、リサーチャーという言葉を調査、図面をひくまでにもっと色々図面に現れない、線になる前の空気のような、思いのような、あるいは地元の人やまわりの人が「こうあってほしいな」と思うものが見えてないんじゃないのとおっしゃっているようにも聞こえました。そこをていねいに拾うと…。
榊: なるほど。ありがとうございます。
まさにおっしゃる通りで、これまで「リサーチ」と言うと、建築の分野では設計するための下調べだとか、設計の根拠をつけるための調べものというイメージが強くあったのですが、そのリサーチだけでもちゃんとアウトプットすることができると、有意義な資料や成果になっていくんじゃないかという思いがあります。ですから設計のためのリサーチだけではなく、別の効果や影響をもたらすためのリサーチということを実践できないかと考えているところです。

■第二章 RADって、例えばどんな仕事をやってるの?
●奈良県斑鳩の事例―仕事のはじまり
絹: 実はすごく難しいテーマを語っていただいております。このリサーチとはなんぞやというところを、さらに深めるために、エピソード2では、じゃあ具体的にどういう仕事をされているのか、もしお聞きできれば、想像していただきやすいかもしれませんね。
例えば、建築する図面にはつながらないかもしれないけれども、調査結果を明らかにして、蓄積して、公開するというプロセスが、どういうふうに世の中に、地域に、あるエリアに影響したのかという事例があれば教えてください。
榊: はい。個人と組織とで、1つずつご紹介したいと思います。
まず組織としては、僕がメインで進めていて、もう5年くらい続いているプロジェクトがあります。
舞台は、奈良県の斑鳩というエリアなのですが、斑鳩と言うと法隆寺で有名な所なので、皆さん、修学旅行などで行かれたことがある人も多いんじゃないかと思います。
ところが一方で法隆寺があまりにも有名すぎて、斑鳩というまちの魅力自体がなかなか地元の人に共有されず、外の人にも伝わっていないという状況が1つの課題として見えてきました。

プロジェクトの前提として、まず京都大学の研究者の方が、その地域の近代建築、古い建築を、悉皆調査で一軒一軒調査されて、それをアーカイブにされていたんです。そのアーカイブをどういうふうに活用できるかという形で、僕らのところに相談が来たんです。
絹: なんでそういう面白い相談があなたのところに来るの?(笑)
榊: そうなんですよ。ありがたいことに研究者の方や、企業、美術館、その他施設、あと行政の方から「誰に頼んだらいいのか」という感じの依頼をいただくことが多くて…。
絹: さっきの京大の近代建築だとかを悉皆調査をされていたのはなんという先生ですか?
榊: 谷川竜一先生です。今は京都大学から金沢大学に移られましたが、それが1つのきっかけになりました。

●奈良県斑鳩の事例―研究の成果をわかりやすく伝える
絹: ということは、想像するのですが、そういう専門家たちの中に榊原さんたちの存在が、ある種知れていたわけですよね。
榊: そうですね。谷川先生には、人づてで、「京都にこういうことをしている人がいるよ」という情報が入ったらしいです。谷川先生には、研究の成果をうまく活用するとか、ちゃんとデザインして、それを人に伝えるというところが、どうしても研究者の立場からだと弱くなってしまうというお考えがあったようです。
絹: そうですね、今求められる科学者や研究者の像として、象牙の塔に引きこもって、難しい理論や基礎研究をやっているだけでは、本当はだめなんだと。我々みたいな一般人に噛んで含めて解りやすくプレゼンできる能力がないとダメだよと言っている先生がいましたが、そういうところを担おうとしていらっしゃるわけですね。
榊: そうですね。個人的には、意図的に象牙の塔にこもって、同業者で切磋琢磨しながら、新しい成果をどんどん発展させていくという仕事は必要だと思うんです。一方でそれをきちんと伝える伝達者のような役割がアウトソーシングされるような状況ができても面白いのではないかと思っているところがあります。
絹: 翻訳して、解りやすい物語にして、そして伝達する役割…。

●奈良県斑鳩の事例―古いまちの写真からアーカイブをつくる
榊: プロジェクトに話を戻すと、その悉皆調査の成果が1つのスタートラインになったのですが、かつての古い建築物をピンポイントで対象化するというのはなかなか難しい。そこでその町に住んでいる方々にとって、その建築物がどういう存在だったのかを知るためのワークショップを一回やってみよう、となったんです。そのために「まちの人が箪笥の奥にしまっている、まちが映っている古い写真を一度集めてみませんか」という話に展開していったんです。
こうしてワークショップを1つ提案することによって、地域に眠っている古い写真(まちの人は「自分の写真なんて価値がないよ」というふうによく言われるのですが)が集まることによって、かつての斑鳩町の姿が見えてくるんじゃないか。そのためのアーカイブをつくろうというプロジェクトになりました。
今は実際にウェブサイトが立ち上がり、斑鳩町立図書館の聖徳太子歴史資料室のスタッフの皆さんの絶え間ないご協力のもとに、地域の古い写真が、最近では200~300くらいアーカイブの中に増えてきました。
古い写真を集めてみましょうという同じような取り組みは、他のエリアでも行われていたりしますが、単年になったり、途切れたりして、なかなか更新が続かなかったりするのですが、我々の方ではその辺は課題として乗り越えないといけないと、今着実に5年と言う歳月を経ています。
2

●奈良県斑鳩の事例―まちの再発見、コミュニケーションのツールとして
絹: その5年も続いているということは、箪笥の奥の写真、自分たちにとってはただの古い写真だけれど、それかアーカイブ化されて、外の方に伝われば「わ、すご!」という声が、写真の所有者たちにも聞こえるでしょうし、あるいはその写真を前におばあちゃんが孫に「この写真はね」とかいった語りが生まれたりもしますよね。
「ひょっとしたら斑鳩町って、斑鳩エリアって、すごいとこやったんと違うの」みたいな我がまちへのプライド、斑鳩町のいいところ探しみたいな空気が、すうっと出来上がっていくのかしら。
榊: そういう形になるといいなと思っています。子どもたちにとってはかつてのまちの姿はわかりませんし、一方でおじいちゃんおばあちゃんがその時のエピソードを語ってあげたり、コミュニケーションの1つのきっかけにもなると思いますし、これから先は子どもたちにその姿をどう伝えていくのかということが課題になっているという感じですね。

●愛知県のある地域での事例―伝達者、コミュニケーターの役割
絹: 「例えばどういう仕事をやっているの」というもう一つの例は?
榊: 個人で今まさに取り掛かっている、進み始めたプロジェクトに、愛知県のある地域で行われている開発系のまちづくりのプロモーションがあります。そのまちづくりの取組が市民の人にまだなかなか伝わっておらず、断片的な情報で批判をされてしまったりとか、あるいはそのエリアを超えた人たちにまだ全然届いていなかったりという課題があるんです。
絹: よくあるんですよね。僕たちは工事をする立場の建設屋ですから、近隣とのすり合わせと言うか、準備がちゃんとできてないのに、見切り発車をされてしまうと、反対運動の中で、施工する技術者がえらい困った立場に追い込まれることがあるんです。「え、会社に言われてこの仕事をやりにきたのに、なんで動かないの?僕らが悪いんじゃないよね」みたいな困りごとが起きないように、そういう手続きが取れるといいですよね。
榊: そうなんです。まさに土木事業も関わってくる大きなプロジェクトなので、どのようにしてその必要性、あるいは魅力、これからの姿を、まちの人に届けて、一緒に望ましい地域の姿を考えていくのか。そういう伝達者と言うか、コミュニケーターと言うような役割が必要とされている状況があります。そこで形式上はプロモーションのディレクターという形で関わらせてもらいます。
絹: それは行政の方と関わったりするんですか?
榊: そうですね。行政の方と関わったりとか、あるいはまちづくりプロジェクトを委託されて推進している方と一緒に進めたりという感じでやっています。
絹: そういう大きな都市計画系のプロジェクトも、行政の方々のお考えも少しずつ変化しているようですね。
榊: そう思います。ですからそれを、うまくこれから先に繋げていけるのかどうかがか課題です。
絹: さて、リスナーの皆さん、どうですか、想像つきますか?
すごく大切な分野に乗り出しておられると思います。既存のところから少しはみ出て、でも今不足している部分、一般の人に専門的な分野(まちづくり・都市計画・建築など)をわかりやすく伝え、地域の人たちは大したことはないと思っていても、外から見たら「すごいじゃない」と思うようなことを丁寧に掘り起こすことで、まちの大切な記憶や地域の誇りを取り戻したりといった仕事も、コミュニケーターとして取り組んでいらっしゃる。
「これが建築?」と思うかもしれませんが、建築とリサーチというのは、こういう分野みたいですよ。

■第三章 RADとして、個人としてこだわっていること
●得意分野を活かしたフォーメーション
絹: 「チームでも個人でも働き方にこだわっている部分がある」と先ほどおっしゃっていましたが、もう少し聞かせていただけますか?
榊: はい、ありがとうございます。
個人で仕事をさせてもらいつつ、「RAD」というチームも運営していて、先ほどもお話しした通り、「RAD」はフリーランスのアソシエーションという形で運営していまして、皆それぞれ建築に関連する仕事を持っています。
設計士の人間がいたり、展覧会のディレクションなどを行うのが得意な人間がいたり、あるいはフィールドワークが得意な人間がいたり、一方で僕のように、ある種、編集的な側面を平面にする…。
絹: ああ、そうだ。編集者だ。
榊: ある状況のなかで、何が必要なのかを整理しつつ、どういう資源が必要なのかということを、色んな所から集めて、プロジェクトを回していくという、そういう役割かなと思うんです。
そういった色んなスキルを持った人間たちと、いただいた仕事を、適切なフォーメーションを組んで取り組むということを、今すごく意識しています。
例えばあるプロジェクトで、地域での調査と、それをパンフレットにまとめる必要があるならば、フィールドワークが得意な人間と、編集が得意な僕が協力しながら進めるということも、ひとつのフォーメーションです。
1
絹: リスナーの皆さん、だんだんわかってきましたよ。彼は編集者、ひょっとしてもし映画だったらプロデューサーだとか監督だとか、そういう部分が似合うタイプの仕事をしている方だなと思っています。
建築の専門の勉強から飛び出して、その範囲を手探りで模索しながら、今、この世の中に、あるいは京都に、ある地域に足りないものを、編集者目線で、フリーランスの人を集めてでも、チームワークで今までにない仕事をつくっていこうと。
それを誰に相談したらいいのかわからない人がかぎつけて、「榊原さん、ちょっと相談乗ってよ」という形になっている。面白い状況が起こっています。この年齢の若い方たち、今、いくつだっけ?
榊: 32です。
絹: 聞きました?32ですよ。
こういう人たちが出てきてくれたというのは、捨てたもんじゃないなと思います。短い時間でなかなか読み解けない難しい分野でありますが、「RAD」の榊原さんをお迎えして、「新しい役割を探して」と題してお送りいたしました。
この番組は、心を建てる公成建設の協力と、京都市・景観まちづくりセンターの応援でお送りしました。榊原さん、ありがとうございました。
榊: こちらこそ、ありがとうございました。
投稿日:2016/07/16
PAGE TOP